ブライダルオアシス・日記・最近の傾向

最近の傾向を書かせて頂きます。

と言っても、婚活の最近の傾向ではなく、私自身の傾向なのですが・・・。

そんなの、別にどうでもいいのでは?と思われた方もたくさんおられたかと思いますが、でも、本日は、書かせて頂きます!

何か、仕事の上でのお世話になったり、また小さな事柄とはいえ、ミスをしてしまったりした時ですが、私の最近の傾向は、品物を送る、ということが多いのですね。

贈るではなく、文字通り、送る、なのですから、そこに、贈る場合の温かな気持ちが込められているかというと、そうではなく、ただ物理的に品物が何十キロかを移動だけしているような気もして、却って、たまに落ち込むこともあるくらいです。

そして、こんな時って、他の人はどうしているのかなーと何となく思案したりするのですが、まだ、友人に聞いたことはありません・・。(何だか、馬鹿にされそうですから・・・!)

たまに落ち込むときは、品物(おもに紅茶などが多いのですが!)を送る以外に、一体どんな方法で、今の気持ちを伝えることができるのだろう?と思ったりもします。

メール?電話?手紙?商品券?!

つまり、考えてしまったことは、本当の気持ちがないから、品物でごまかしているのでは?という思いだったのかもしれません。

20年以上も前の、職場の女性の先輩で、今は転居されて遠くに行かれてしまい、ほとんど音信不通になってしまった方のことですが、その人が電話に出た途端に、ふわぁ〜〜〜っと、ものすごく温かい空気が受話器の向こうから伝わるような方がいたのを覚えています。(勿論、お人柄も素晴らしい方でした)

もしもその人だったなら、一本の電話だけで、お相手を気遣う気持ちをちゃんと伝えることができる筈だと思ったりもします。そして、そのほうが、受け取る側も本当は嬉しいのでは?と思ったりもしたのです。何故なら、品物をはるかに超えるものをその人が内に持っていて、なおかつ、それを伝える(与える)ことができているなら、受け止めるほうは、一切のまやかしのない、お相手の純粋な気持ちを受け止めることができたことになると思うからなんですね。

そんな風に思っていたところ、成田善弘さんという方の「贈り物の心理学」という本があることを知りました。今度、買って、読んでみたいと思います。

今日は何となく、取りとめのないことを書いてしまいましたが、次回は、きちんと、大盛況の婚活のことを書かせていただきます!

今、ご交際中のYさん、Kさんのように情熱的な恋愛では、今はないかもしれませんが、

手作り結婚相談のブライダルオアシスin新宿・世田谷

Copyright 井口真由美 2013.All Right Reserved.